1. プレハブハウスの製造・販売・施工・リースの立川ハウス工業
  2. プレハブ建築とは

プレハブ建築とは

 

コストパフォーマンスに優れたプレハブ建築

建築コストを抑えられ、工期の短縮化もはかれる建築工法として、プレハブ建築はさまざまな場所で活用されています。
プレハブと聞くと、仮設の住宅や事務所というイメージがあるかもしれませんが、現在では安定した品質の部材生産が可能となり、学校や店舗、住宅、工場、福祉施設など恒久的に使われる建物にも利用されています。

プレハブ建築の特長

低コスト

おおよその規格が決まっていることに加え、工期が短いので人件費の削減等にもつながり、建築費用が抑えられます。軽量鉄骨造であることも、比較的安価な理由です。

工期の短縮化が可能です。

柱や梁、壁パネルなどの部材を工場で製造し、これらの部材を現場で組み立てるだけなので、施工スピードが速く、工期の短縮化が可能です。

プレハブ建築と一般的な建築の違い

従来の建築手法とプレハブ建築の違いは、工場であらかじめ部材を製造して現場で組み立てるため、費用を抑え工期を短縮できることにあります。
部材を工場で生産することで安定した品質の建物が建てられ、しかも同じ建物を大量に設置できることもプレハブ建築の特長です。
基本的には鉄骨造が主流ですから、一般的な木造建築などで起こりやすい木材の反りなどが起きる心配もありません。
以前は「安くて簡単」というイメージがあったプレハブですが、最近では品質を高め耐久性に優れた商品も登場しており、弊社でも高品質の商品を提供しております。

プレハブ建築はこのような方におすすめです

  • コストを抑えたい方

  • 工期の短縮を図りたい方

  • 一時的な建物が必要な方

  • 工場での製作が主なので現場スペースが狭い方

  • 小さい建物でも建物内の空間をなるべく広く使いたい方

  • ユニットハウス以外で工期を短くしたい方

プレハブ建築の施工実績